春の日に自転車に乗って

『チェリー』スピッツ(1996年) いつ聞いても心地よいサウンド♪ 天気のいい春の日に、景色のいい道を自転車で走っている気分にピッタリ ・・・と言っても、もうずいぶん自転車乗ってないなぁ。 うちの周りは坂が多いのです。 車ばかり乗って、運動不足で筋力の弱った足腰には、ゆる~い坂でもこた…

続きを読むread more

作詞家 山上路夫

10年ほど前にブログを書いていた時に取り上げたのは、松本隆と阿久悠の作詞の曲が多かったです。 竹内まりや、ユーミン、サザンは、昔の曲の中で好きなのがたくさんあるのですが、YouTubeでは、すぐ削除されてしまうので、アップするのはあきらめています。 久しぶりにブログを再開して、いいなと思う曲が多かったのが、大瀧詠一と山上路夫…

続きを読むread more

「ハルさんの休日」がお気に入り

Eテレで木曜日に放送されている『ふるカフェ系 ハルさんの休日』が、お気に入りです。 主人公のハルさん(渡部豪太)は、全国各地の古民家を改装したカフェを訪ねて、ブログにアップしているカリスマブロガーという設定。 私は、カフェ好き、古民家好き。 ハルさんを演じる渡部豪太がいい感じ。 地元の人々との交流も温かくいい感じ。 …

続きを読むread more

庭のハナミズキ

我が家の庭に咲いている藤の花です。 ハナミズキの季節には、 必ずこの歌を車で聞きます♪ 今年は早い! 我が家の「庭のハナミズキ」は、 樹形がイマイチです・・・ この数年ダンナに任せっぱなしで 手入れが悪いのと、 夏はかなり葉が茂るので、 お隣の庭に、はみ出さないように片側を切っているからなんです。 で…

続きを読むread more

次は、ふたりっ子!

BS12で月曜日19時からの『ちゅらさん』の放送が終わってしまい、つまらないよーと思っていたところ、ふとレコーダーの録画番組の一覧を見たら、次に始まったドラマに『ふたりっ子』とあるではありませんか マナカナこと三倉茉奈・三倉佳奈の双子の姉妹のデビュー作の、かの有名な、あの、あの『ふたりっ子』{%!?we…

続きを読むread more

また来年のお楽しみ

桜の季節がもうすぐ終わります。 今年は開花前から、お花見によるコロナ感染拡大の防止に関する報道をたくさん見ました。仕方のないことだけれど、なんだか楽しみな気分がシュンと小さくなっていました。 それでも、桜は、人間の事情などお構いなしに、いつもより早く咲きました。 「そうだ、この木も桜だった」と毎年恒例のサプライズみたいに、…

続きを読むread more

1年遅れの入学式

テレビで、2020年度の大学の入学式を見ました。 1年遅れの入学式です リモートでしか会えなかった同級生に初めて会えた喜びのインタビュー。 「一年経って、やっと今日初めて会えました!」 「もっと背が高いと思っていたのに、実際会ったら意外とそうでもなかったです」 これか…

続きを読むread more

だいじょうぶだぁ~

ダンナがスーパーで買って飲んだワンカップ。 先日録画したドリフターズの特番を3回に分けて見ました。(3時間番組) 志村けんが亡くなって、一年が経ったんだ・・・ この特番は、ドリフの傑作コントを厳選した番組だったと思います。おかげで涙を流して笑いっぱなし ドリフのおもしろ…

続きを読むread more

チャンス!

むかーし昔、あるところに大学4年生の教育実習生がおりました。 担当クラスの担任の先生が、事前に、2週間の実習期間の最終日の1時間、生徒とのお別れの時間をとってくれるお話をくださいました。 「先生、何か歌うたって」「え~、やだよ~」「お願い!一生のお願い」 実習生は、大学のサークルのバンドでボーカルをやっていました。…

続きを読むread more

気球に乗ってどこまでも行こう!

先日、小学生の時の「放課後の音楽室の思い出」として記事に書いた『気球に乗ってどこまでも』が妙に懐かしくなり、動画を検索して聞いてみました。 児童向けの合唱曲なのですね。たしか、5年生か6年生の時に音楽の授業で歌って、みんな大好きになったのです。 どういういきさつで私が音楽の時間に、この歌のピアノの伴奏をすることになったのか、…

続きを読むread more

世界のオザワ 音楽の楽しさを魅せてくれる

『ラデッキー行進曲』指揮:小澤征爾   演奏:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(2002年) クラシックは、あまり詳しくありません。ピアノを習っていたり、中学生の頃から家にあったレコードやカセットテープを聞いたり、吹奏楽部に入っていたりしていたので、そこそこクラシックに触れることもあり、いいなと思う曲もあります。 世界的…

続きを読むread more

花の命は短くて・・・

『世界中の誰よりきっと』中山美穂&WANDS(1992年) 中山美穂さん、輝いていますね その昔、大学のサークルの飲み会で、ずいぶん飲んでいたと思われる先輩に「なんだか中山美穂に見えてきた~」と言われました。かなり酔っていたようなので視界がぼやけていたのでしょう。これはただの酔っぱらいの錯覚{%ビー…

続きを読むread more

妹◆岬めぐり

『妹』かぐや姫(1975年) ライブ会場で、こうせつさんと大合唱しているお客さんの熱い想いが、映像から伝わってきます 自分が好きな歌を、好きなアーティストと同じ空間で一緒に歌える感動を、私も経験しました。若い時に、これほど心が揺さぶられ夢中になれるものがあるってことは、素晴らしいことだと思います。 …

続きを読むread more

断捨離しています

気が向くと不要なものを処分してスッキリさせます。 でも、私はいつもキチンとしていないとダメ!というほどでもありません。 雑誌に載っているような素敵な部屋には憧れますが、私が現実に、あんな綺麗な部屋をキープしようとしたら気が休まらないです。私はアバウトなところもあるし、家の片付けは気が向いた時にする趣味のようなものです。 断捨離…

続きを読むread more

街の灯りに癒されて

ドラマ『時間ですよ』のワンシーンですね。(このシリーズは1973年放送) 当時、大人気の天地真理と堺正章の二人が『街の灯り』を、ほのぼのと温かい雰囲気で歌っています 久世光彦が手がける当時のドラマには、ギターの弾き語りのシーンが、よく出てきました。窓際や屋根の上で、というのが憧れだったんですよね~ 先…

続きを読むread more

ジュリ~!

『危険なふたり』沢田研二(1973年) 井上堯之バンドのエレキギターの音が70年代を感じさせます。 古き良き70年代 この曲は、明るくポップなメロディラインがいいですね 長い間、ジュリーこと沢田研二の魅力を感じずに生きていましたが、10年ほど前にブログを始めて数々…

続きを読むread more

この木なんの木?

ご存じ日立グループのCMソング。 『日立の樹』別名『この木なんの木』(1973年) 作詞:伊藤アキラ 作曲:小林亜星 (歌い手は何度か変わっているようです) このCMも、財津一郎のタケモトピアノのCMのように長く続いていますね! CMの制作年は日立の方がずっと前ですが、タケモトピアノは1997年に製作されたCMを一…

続きを読むread more

私の「ポイ活」生活♪

「ポイ活」とはポイント活動の略だそうですが、近頃よく耳にするようになりました。 私は長年、パート主婦や専業主婦をしてきて、常日頃、オトクな買い物を心がけてきました。 割引シールを見るとするし、ポイント〇倍デーや5%OFFデーにお買い物できるとうれしいですね♪セブンイレブンアプリでは、おにぎり…

続きを読むread more

田中将大が帰って来た!

プロ野球の楽天イーグルスに田中将大が帰って来ました 楽天の本拠地は宮城県仙台市。 20年ほど前に65歳で亡くなった父の故郷の近くです。 宮城には、子供の頃、法事などで何度か行きました。 仙台の七夕祭りの写真も残っていますが、記憶にはありません。 はたちを過ぎて、車でみんなで一度遊びに行ったきり…

続きを読むread more

若き日の小林旭にビックリ!

私が知っていた小林旭は、 『昔の名前で出ています』(1975年)を歌う、 かっぷくのいいオジサンでした。 初めて彼の若い頃の映画を見た時はビックリしました! スラッと痩せていてイケメンだったからです。 『ギターを持った渡り鳥』(1959年)を始め、 渡り鳥シリーズの映画が8本制作されました。 美空ひばりや浅丘ル…

続きを読むread more

セッションって楽しい! 夢の中へ行ってみたいと思います!

一流のミュージシャンたちが音を合わせて楽しんでいる。 大勢の人たちを楽しませてくれている 井上陽水のレコードと同じような魅力ある歌声。 清志郎の高音のハモリはキレイとは言えないけど、 清志郎ならではの型破りな個性として楽しんでしまう 低音が心地よく響く…

続きを読むread more

フィンガー5が大人気!

私が子供の頃の最強アイドル、フィンガー5 同世代のアイドルが登場したことは衝撃でした。 また、その歌が斬新でカッコイイ! 子供たちは、フィンガー5の歌を毎日のように歌っていました♪ 楽しかったですねー 人気絶頂期、彼らは東村山市に住んでいました。私の知り合いは、子供たちが、よく彼らの家に行っ…

続きを読むread more

若い頃よく歌った♪白井貴子

大学時代のバンドで白井貴子もよく歌った。 白井貴子のアルバム全部を 友達がカセットにダビングしてくれてよく聞いていた。 一度どこかの大学の学園祭のコンサートも行った。 この曲は、たまたま先日YouTubeで見つけました。 懐かしかったー バンドでは歌わなかったけれど、 メロディも綺麗で歌詞…

続きを読むread more

新御三家の よろしく哀愁

新御三家の共演 ヒデキのドラムがカッコイイ! もっとカメラの角度を考えて撮ってほしかった~ 郷ひろみの『よろしく哀愁』(1974年)はいい曲ですね♪ 昔、カラオケでも歌いました。 安井かずみの歌詞。筒美京平の作曲 昨年の紅白で…

続きを読むread more

いい日旅立ち

谷村新司のセルフカバーを聞いてみると、聞き慣れた山口百恵の『いい日旅立ち』(1978年)も、またひと味違いますね♪ あ~、早くコロナなど気にせず、安心して、のんびり旅ができる日がまた戻ってきてほしいです 昨年は、世界中に思いもかけない災難が降りかかりました。 浦沢直樹作品の『20世紀少年』…

続きを読むread more

たけしくんハイ!が始まった!

今朝、テレビをつけると見覚えのあるドラマの映像が映っていました! あーっ、『たけしくんハイ!』だ! えー、いつから再放送してたのとあわてて新聞の番組表を見る。 あちゃ~、今日からだったんだー。最初から見たかったー でも、たしか今年(でなければ去年)BSで放送し…

続きを読むread more

冬のリヴィエラ

松本隆と大瀧詠一の息の合った”はっぴいえんど”コンビの作品。 演歌の森進一がポップスを歌うとは驚きでしたが、全然違和感がなく、森進一自身の歌として納得して聞けます。 吉田拓郎作曲の『襟裳岬』もいいですが、『冬のリヴィエラ』(1982年)もいい曲ですね ココリコの遠藤のモノマネがおか…

続きを読むread more

トランジスタ・ラジオ

ハードなイントロと間奏。ワクワクします でも、その後、明るい親しみやすい曲調に。 そんなところがあるから、ロックが苦手な私もRCサクセションは好きなのだと思います。 おもしろいパフォーマンスをする清志郎、唯一無二の歌声を聞かせてくれる清志郎を見てると、とっても楽しい♪ 忌野清志…

続きを読むread more

ビューティフル・ネーム

先日、ゴダイゴのコンサートをテレビで見ました。 数多くのヒット曲を私たちに届けてくれたゴダイゴ。 好きな曲はいろいろありますが、特に楽しみにしていたのが 『ビューティフル・ネーム』。 楽しい気分になって一緒に歌ってしまいました 国際児童年の1979年、毎日のようにテレビから、こ…

続きを読むread more

Ellie My Love

レイ・チャールズが、サザンオールスターズの『いとしのエリー』(1979年)をカバーした『Ellie My Love』(1989年)。 サントリーが、レイ・チャールズにCMソングを依頼し、日本の曲の中から歌ってほしいと何曲か提示した中で、一番気に入って選ばれたとのことです。 桑田佳祐は、レイ・チャールズが好きで、自分の曲…

続きを読むread more

さらばシベリア鉄道◆赤いハイヒール

太田裕美の『さらばシベリア鉄道』(1980年)。 作詞は松本隆。作曲は大瀧詠一。 当時、私はこの歌を聞いた記憶がないのです。懐メロ番組で紹介されて、太田裕美の曲だと知って意外に思いました。 『木綿のハンカチーフ』『雨だれ』『九月の雨』『赤いハイヒール』など、女の子らしい歌が多い中で、異色の疾走感あふれる力強い曲。 …

続きを読むread more

ピアノの弾き語り

中学生の頃から、ピアノで自分の好きな歌の弾き語りをするようになりました。 初めて買った(と思うのですが)弾き語りのための楽譜。 ラインナップはこちら 一番多く弾いた曲。 小坂明子の『あなた』(1973年) この曲がヒットした頃は子供だったけれど、メロディと歌声の美しさが心に刻まれて…

続きを読むread more

母が歌っていた歌

小柳ルミ子の『瀬戸の花嫁』(1972年)は、私が子供の頃、母が家のことをしながら、よく歌っていました。 母は5人兄弟の一番上で、一番下の弟とは、かなり歳が離れています。 母の高校進学について決める頃、一番下の弟が祖母のお腹にいたため、母は、体が弱い祖母の代わりに、家のことをしなければならなかったため、高校進学を反対されま…

続きを読むread more

海の声

浦島太郎の歌、いいですね。 auのCM、三太郎シリーズ。 好評のため、視聴者のリクエストに応えて フルバージョンが製作されたそうです。 三線の音色っていいですね。癒されます 『海の声』歌詞 いつもは車ばかり乗っていますが、 先日、久しぶりに散歩がてら コンビニ…

続きを読むread more

お酒が飲みたくなる歌

熱燗がおいしい季節になりました と言っても、私はアルコールには、めっぽう弱く、最近はほとんど飲みません。 弱いながらも、昔は、赤い顔をして、よく飲んでいました 私が若い頃は、お店では、みんなよくウイスキーを飲んでいましたね。 カクテルなんかも、いろいろ飲みました{%カク…

続きを読むread more

ザ・スパイダース!

私は、GSをリアルタイムでは見ていません。GSブームが去って、解散後のソロ活動をしていた人たちを見て育ってきました。 「懐かしの○○」というような番組をよく見ていたので、そこでグループサウンズを知り「へぇー、この人がこのグループのメンバーだったんだ!」と知るようになりました。 若い頃に苦楽を共にした昔の仲間っていいですね…

続きを読むread more

紫式部の実がなる庭

2週間前に撮った庭の紫式部です。 毎年、紫色の小さな実をたくさん付けるのが楽しみです。 名前の「紫式部」というのが、また風流でいいんですよね。 ウチの庭に猫の額ほどの畑があり、ダンナが趣味で野菜を作っています。先日、里芋を収穫しました。 今日は、これを大根とイカで煮物にしようと思います。    …

続きを読むread more

ステキなギタリスト 押尾コータロー

初めてテレビで押尾コータローの演奏を見てから、すっかり魅了されてしまい、ライブにも行きました。 ソロも、もちろん素晴らしいのですが、なぜか、セッションをしている時の押尾さんの演奏が好きなのです 冬の澄んだ冷たい空気の中で見える星は、一段とキレイに輝いて見えます{%キラキラwebry…

続きを読むread more

子供たちに見てもらいたいドラマ おしん

「1番好きなドラマは何か?」と聞かれたら、 私は『おしん』と『北の国から』と答えます。 この2つのドラマは全話録画してあり、今まで何度も繰り返し見てきました。 『北の国から』については、以前ブログをやっていた時に記事を書いたので、 今回は『おしん』について書きたいと思います。 『おしん』は、1983年から1…

続きを読むread more

太陽がくれた季節 飛び出せ!青春

青い三角定規の『太陽がくれた季節』(1972年)。 これは紅白の映像でしょうね。 ボーカルの西口久美子さんがハツラツとしてカッコいい! 三人がとても楽しそうに演奏しているのが見ていて気持ちいい♪♪♪ いつ聞いても色あせないステキな曲 ドラマ『飛び出せ!青春』の主題歌{%キラキラ…

続きを読むread more

ちゅらさん 楽しんでます♪

今、BS12で月曜日に『ちゅらさん』が放送されています。 2001年にNHKの朝ドラで放送されたドラマです。 この頃、私は子育てで忙しい時期だったせいか、時々見ていた記憶があります。 今度、再放送が始まると知って毎週録画して、じっくり楽しんで見ています 主人公は、オーディション…

続きを読むread more

ザ・ドリフターズというバンド

私が子供の頃は『8時だョ!全員集合』を見ていない子供は、ほぼいなかったのではないでしょうか 子供たちを大笑いさせたり、流行語をいくつも流行らせて楽しませてくれたドリフターズが、元々はバンドマンだったと知った時は驚きました そしてさらに、ビートルズの日本公演(1966年)の前座を務…

続きを読むread more

ジョージアで行きましょう 明日があるさ!

CM ジョージアで行きましょう『激動の昭和篇』 『明日があるさ』は、もともと1963年に発売された坂本九のシングル曲。 2000年に、缶コーヒーのジョージアのCMに起用されました。 ウルフルズの『明日があるさ(ジョージアで行きましょう編)』が大ヒット! CMに出演した吉本興業のユニットのRe:Japanも結成され…

続きを読むread more

思秋期

秋の名曲 この歌詞に、このメロディあり。 そして、素晴らしい歌唱力。 岩崎宏美は『スター誕生!』が生んだ歌謡界の宝物ですね 『思秋期』歌詞 『二十才前』も好きなんですよね。 彼女の曲は、阿久悠が作詞したものが圧倒的に多いですが、いつかテレビで「先生は私の生…

続きを読むread more

熱中時代 先生編と刑事編

小学校の先生役の『熱中時代』(1978-1979年) 刑事役の『熱中時代 刑事編』(1979年) 水谷豊の個性が光っていたドラマですね どっちも楽しかったなー♪ 彼の独特の表情や話し方や仕草がおもしろい 唯一無二のキョーレツな個性を放つ俳優さんですね! …

続きを読むread more

TOTO 昔々のバンドの話

大学時代(今も)、洋楽に疎かった私はTOTOを知りませんでした。 自分で好きで組んでいたバンドでは、ほとんどJ-POPを歌っていました。 そんなところへ、ギターの達人の先輩から「TOTOのバンドをやるからボーカルをやってくれないか」とのオファーが! な、な、なぜ私なんかに TOTOなんて、ト…

続きを読むread more

『大脱走』『戦場にかける橋』

先日、テレビで映画『大脱走』(1963年)が放送されていました。 以前見たことがあったので、今回は少しだけ見ました。 出演者の中では、スティーブ・マックイーンがトップスターのようですが、私が馴染み深いのは「マンダム」のCMに出ていたチャールズ・ブロンソンですね! 「う~ん、マンダム」のセリフは大流行

続きを読むread more

少年隊の名曲

ジャニーズから次々と人が去って行きます。 少年隊の植草克秀と錦織一清も年内で退所し、東山紀之だけが残るそうですね。 自分の青春時代に、いつも同世代のジャニーズの歌がテレビや街で流れていました ファンだったわけではないけれど、時代が変わっていく寂しさを感じます。  今、改めて昔の映像を見る…

続きを読むread more

長崎は今日も雨だった

1986年、クリスマスの特別番組としてテレビで放送された『メリー・クリスマス・ショー』の中でのコラボレーション。 メンバーは、桑田佳祐、泉谷しげる、高見沢俊彦、中村雅俊、吉川晃司。 豪華メンバーであり、何ともおかしなコラボですね! 桑田さんは、洋楽とともに『ひとり紅白歌合戦』のライブビデオを出すほどの歌謡曲好き。おふざ…

続きを読むread more

昔の映画はオモシロい!日活黄金時代

昔の映画やドラマを見るのが大好きです。 俳優さんたちの若い頃の魅力を楽しめることと、時代背景が興味深い! 最近BSで、石原裕次郎の映画を何週か続けて放送したのを見ました。 特に石原裕次郎が好きなわけではないのですが、50年代、60年代のファッションや街並み、人物の言動など、当時の文化をみるのが楽しいのです。 圧倒的に…

続きを読むread more

渡良瀬橋

作詞は森高千里ご本人。 素晴らしい詩をお書きになる👏 別れた人への想いが、ジーンと伝わってきます。 『渡良瀬橋』歌詞 1993年 ほのぼのと温かいメロディーに癒されます🎶 歌詞も、せつなくて、温かくて、ふるさとの光景が目に浮かぶようで、ノスタルジーを感じます✨ とても好きな歌です。 https:…

続きを読むread more

再びあいみょん 裸の心

先日、あいみょんのNHKでのライブ放送を見てから、やたらとテレビであいみょんを見るようになりました。 というか、今まで興味がなかったので気が付かなかったのかも知れません。 紅白に出ていたことさえ記憶にないのですから💦 トークを聞いていると、かなり個性が強いオモシロイ人のようですね。 「変わってるわー」 「アーティストだ…

続きを読むread more

夢で逢えたら

夢で もし逢えたら 素敵なことね あなたに逢えるまで 眠り続けたい 『夢で逢えたら』歌詞 作詞・作曲は大滝詠一。 名曲ですねー♪ 元々はアン・ルイスに書いた曲だったんですね。当時は彼女のイメージに合わないと歌われなかったそうです。 1976年から吉田美奈子が歌い始め、彼女の代表作になっています。 ご本人…

続きを読むread more

草原の輝き

居眠りしたのね いつか 小川のせせらぎ聞いて れんげの花を枕に  今 目がさめた 恋しい気持ちが  夢で逢わせてくれた あの人 君は元気か?と聞いた 手を振りながら なんてかわいらしい乙女な歌詞なんでしょう💮 作曲は平尾昌晃だったんだ♪ アグネスのかわいらしさにピッタリ! 『草原の輝き』歌詞 1973年…

続きを読むread more

涙のリクエスト

最後のコインに祈りをこめて Midnight D.J ダイヤル回す あの娘に伝えて まだ好きだよと トランジスタのヴォリューム上げて 初めて二人 踊った曲さ… オレが贈った銀のロケット 今では違う誰かの写真… 愛を誓ったメモリーリング 曲に合わせて海に投げるよ チェッカーズの『涙のリクエスト』。 …

続きを読むread more

自然とおいしい料理でリフレッシュ!!

臆病な私はコロナを恐れて今まで外食を控えてきました。 娘のリクエストで、個室のある店を予約して、お昼ごはんを食べることにしました。 少し早く着いたので遊歩道をお散歩。 自然の中でリフレッシュ! ままごと屋 料理は全部おいしかったー😋 眼下に川が見える部屋。 ベランダに…

続きを読むread more

TRUE LOVE 『あすなろ白書』

『TRUE LOVE』歌詞 (藤井フミヤ) ドラマ『あすなろ白書』の主題歌。 『あすなろ白書』は、原作は柴門ふみ、脚本は北川悦吏子。 このドラマは再放送で何回か見ただけだったと思います。 You Tubeでドラマを見たら、西島秀俊が出ていてビックリ! 他に、石田ひかり、筒井道隆、木村拓哉、鈴木杏樹も出演。…

続きを読むread more

いつの日か輝くだろう 今宵の月のように

『今宵の月のように』歌詞 (エレファントカシマシ) 1997年に放送されたドラマ『輝く月の夜だから』の主題歌。 このドラマを見ていて、この歌が好きになりCDも買いました。 どんなドラマだったのか、すっかり忘れていましたが、You Tubeで見て、江角マキコと木村佳乃が若くて、とても魅力的でした。 岸谷五郎、上川…

続きを読むread more

和製ラウンジ系ポップ!?『或る日突然』

昔、ピアノの弾き語りをしていた曲を、突然思い出しました! トワ・エ・モアの『或る日突然』。 まだ、中学生くらいだったから、ずいぶんマセた歌詞を歌ってたと思うけど、 歌詞と共にメロディーの美しさに惹かれていたんだと思います。 『或る日突然』歌詞 白鳥恵美子さんの歌声が素晴らしい✨ てっきりフォークソングだと…

続きを読むread more

さすらおう~!

出川の充電バイクの旅はBGMの選曲と効果音がうまい、といつも思います。 番組作りのセンスがいいですね。 奥田民生の『さすらい』は、まさに、この番組のテーマソング! 自然の中をバイクで駆け抜ける画にピッタリ👏 『さすらい』歌詞 テレ東+プラスより 出川さんは、昔はウザい男の代名詞?みたいな存在だ…

続きを読むread more

さよならのかわりに

『さよならの向こう側』歌詞 (山口百恵) これが21歳なのかと思うほどの大人の女性の品格と輝き✨ 人気絶頂の中、芸能界から身を引き、 愛する人との家庭を大切にすることを選んだ彼女。 友和さんの、お若い頃の映像を見ると、 ほんとにカッコイイですもんね! 芸能界のみなさんに温かく見送られて 涙をこらえ…

続きを読むread more

人生は紙飛行機

ずっと見てる夢は 私がもう一人いて やりたいこと好きなように 自由にできる夢 『365日の紙飛行機』歌詞(AKB48) NHKの朝ドラ『あさが来た』の主題歌でした。 毎日、この歌を聞いて、すがすがしい気持ちになり、励まされました。 女性が、まだ社会で活躍できなかった時代に、果敢に道を切り…

続きを読むread more

久しぶりのブログ『マリーゴールド』

久しぶりのブログです。 ついこの間までは、もうSNSはやらない、と思っていました。 でも、初夏から体調を崩して、ほぼ回復はしてきたものの、しばらく仕事はできない専業主婦状態になると、書くこと好き、もの作り好きの私は、それを発信したいという気持ちがムクムクと湧いてきました。 秋の空のように変わりやすい私のココロ。 …

続きを読むread more